日本が誇るべき伝統文化|外国人から高評価を得ている典型的な日本の文化とは?

2018-09-29 20:52:27

日本の伝統文化を学び、体験してみませんか?

日本には長い歴史を持つ伝統文化が多く存在します。そして、それらを習得する場合には、とても長い時間がかかります。しかし、日本の伝統文化を体験することはそれほど難しくはありません。

日本人は自国の伝統文化を大切に考えており、それらを後世に伝えたいと考えています。そして、日本の伝統文化を学ぶことによって、日本の歴史や日本人についてもより深く知ることができます。

この記事では、簡単に学ぶことができる日本の伝統文化を紹介します。

 

茶道

日本の茶道は「茶の湯」とも呼ばれ、1,000年以上続く長い歴史を持っています。日本の茶道文化は、お茶の作法だけではなく、豪華な日本庭園や茶室など建築物からも見ることができます。また、茶道は元々、若い女性が花嫁修業のために習う作法のひとつでした。茶道に使うお茶と言えば抹茶のイメージが強いかもしれませんが、煎茶を使うこともあります。抹茶は玉露緑茶から作られた粉末で、煎茶は茶葉です。

 

 

茶道には有名な流派が2つあります。1つは表千家と呼ばれ、もう1つは裏千家と呼ばれます。2つの流派は、いくつか作法の違いがありますが、最大の違いはお茶のたて方とお茶を出すときの作法です。

 

茶道では、お茶と一緒にお菓子をいただきます。お菓子は、季節やお茶の種類に合わせて選びます。。

もしかしたら、着物を着て出席するお茶会に参加する機会があるかもしれません。その場合、自分の着物を購入する必要はなく、貸し衣装店でレンタルすることができます。

華道

華道は「活け花」とも呼ばれ、有名な日本の伝統文化のひとつです。その歴史は7世紀に始まり、その後も時代に合わせて発展し続けてきました。

今では、世界中に1,000以上の流派があると言われています。

 

 

西洋のフラワーアレンジメントと日本の華道には大きな違いがあります。それは、華道では花の配置に決められたルールがあることです。華道は決められたルールに従って、草花で点、線、面を描きます。このルールは流派によって異なります。

 

花は花瓶に活けるのですが、時には平らな花瓶を使用します。平らな花瓶に花を活けるときには、「剣山」に花を挿します。

 

日本の華道も茶道と同じように、結婚前の女性が花嫁修業として習う作法のひとつでした。

書道

日本の書道は「習字」とも呼ばれ、世界中でとても有名で、人気があります。書体にはいくつかの種類があり、有名なものは楷書と行書です。

楷書は最も一般的な書体で、行書は楷書を少し崩した筆記体のような書体です。通常、初心者は楷書から習います。

 

 

日本の書道では、以下の道具を使います。

 

1) 筆

2) 墨

3) 半紙

4) 硯(すずり)

5) 文鎮(ぶんちん)

6) 下敷き

 

1日レッスンやワークショップに参加する場合はこれらの道具を準備する必要はありませんが、定期的に習う場合にはあらかじめ準備しておくのがよいでしょう。すべて100円ショップで揃えることができます。

 

書道教室では、先生が与えられるお手本に倣って文字を書くことによって、正しい文字の書き方を学んでいきます。書道の道具を揃えていれば、自宅で練習することもできます。

 

柔道

柔道は日本の武道のひとつつあり、オリンピック競技にも採用されています。日本は柔道で多くの金メダルを獲得しています。

 

柔道は男性だけでなく女性にも人気があるスポーツです。あなたは「YAWARA!」というアニメを知っていますか?柔道の天才少女が活躍するアニメで、日本ではとても人気があります。

 

柔道には厳しいルールがあり、ルールを守らなければ怪我をする恐れがあります。また、高いレベルを目指すのであれば、厳しい練習を行わなければなりません。しかし、柔道の技を学ぶことは楽しいものです。

 

着物

着物は「和服」とも呼ばれ、伝統的な日本の服です。昔の日本人は、毎日着物を着ていました。しかし、明治以降は洋服を着るようになり、今では特別な日に着物を着ています。

そのため、日本人のほとんどは自分で着物を着ることができず、着る方法を知っている人に習う必要があります。日本人でも、着物の着付けを習いたいと思う人はたくさんいます。

 

 

着付けを学ぶときは、自分の着物を購入する必要はありません。通常は、学校や先生から借りた着物を使います。

 

着物を着るときは、右側の布が左側の布の上に重なるように着付けます。そして着物を帯で留めます。着物を着るときに履く白い靴下は「足袋」と呼ばれます。

 

日本人女性は、20歳のお祝いである成人式で着物を着ます。

 

まとめ

学んでみたいと思うものはありましたか?どの伝統文化も、男女問わず学ぶことができるものばかりです。

気軽に参加できるワークショップや一日レッスンを開催していることもありますので、機会があれば実際に体験してみてはいかがでしょうか。

さらに日本の伝統文化について知りたいと思うなら、歌舞伎や能などの日本の伝統芸能を鑑賞するのもおすすめです。

 


関連記事