外国人には理解し難い日本の文化|なぜタトゥー(刺青)が温泉で禁止なの?

2018-09-27 23:57:15

外国人が観光で日本に来てくれた際には、温泉というものを一度は体験してみて欲しいと思います!

温泉は日本全国で楽しむことができ、3000種類以上の温泉が日本国内にはあると言われています。

外国人にとっては未知の数字ではないでしょうか?

 

 

温泉で感じられる至福の瞬間。

 

しかし、外国人観光客が事前に覚えておく必要があるいくつかの禁止されたルールがあります。

タトゥー(刺青)をしている人はほぼ例外なく、残念ながら日本の温泉入国は許可されていません。


温泉でタトゥーが禁止されている理由をいくつかピックアップ致しました。

 

日本のタトゥー(刺青)の歴史

紀元前1,400年の縄文時代、日本人が初めて刺青をし始めたそうです。

そして数年後には、その人が誰で、どこから来たのかを証明するために、徐々に刺青文化が浸透していったそう。

それは表札のような役割を果たしていたともいわれています。

 


奈良時代(710-794年)から江戸時代(1603-1868年)までは刺青を身体に入れておくのがごく普通だったそうです。


しかし、明治時代(1868-1912年)には日本の近代化に伴い、1872年に法によってタトゥー(刺青)が禁止されました。

 

刺青を既にしている人達や、一部の反社会的集団にとっては、刺青を禁止する法の決定は受け入れ難いものだったようです。

 

 

組織化された反社会的集団はタトゥー(刺青)で自己顕示欲を満たしていた

組織化された犯罪集団はどこにでもあり、日本でも例外ではありませんでした。

明治時代に刺青が禁止されていたにもかかわらず、何らかの形で組織された犯罪グループが入れ墨をする方法を見つけました。

徐々に多くの人々は、入れ墨のある人は組織犯罪集団の人だけだと考えていたので、結果として一般人にとってはタブーになっていったそう。

 

それ以来、ファッションタトゥーさえも、日本では一般人に受け入れられておりません。

 

公衆の道徳を傷つけることは禁止です

入れ墨をしている人は、ほぼ例外なく日本の温泉では入浴できません。

温泉で働く人にも同様の制限があります。


日本のホテルビジネス法によると、公衆の道徳を傷つけることは禁じられており、日本人はこの法律の下に入れ墨も含まれると考えられています。

 

公衆の道徳は、各個人によって異なることを意味し、誰もが同じ考え方を持っているわけではありません。

上記のような日本とボディーアートの長い歴史のため、あなたの体に例えファッションタトゥーであったとしても、根強い否定的意見があります。

 

日本の入れ墨にはどのようなリスクがありますか?

温泉での規制だけでなく、タトゥーでをしている人は、日本だと次のような点が不利となる場合があります。

 

・キャリア上の問題
日本企業のほとんどは入れ墨のある人を信用しておらず、最悪の場合、仕事を見つけることができず、キャリアアップをするのが難しいと思われます。

反社会的勢力の象徴のようなものなので、致し方ないでしょう。

 

・病院でのMRI検査を拒まれる可能性がある
タトゥーには磁性物質が含まれており、タトゥーをした人はMRI中に渦電流から皮膚を傷つけることがあります。このような状況のため、ほとんどの病院は入れ墨のある人にMRIを提供しないそうです。

 

・将来の婚姻パートナーやその保護者のための困難
日本の親のほとんどはかなり保守的であり、将来の娘や義理の息子が入れ墨で覆われていれば、親が幸せに見えることはありません。

個々人が刺青をするのは個人の自由なので勝手だが、いざ身内にそういう人がなるのは拒否する、というのが一般的な親の意見です。

 

・生命保険に加入する際の合併症
タトゥーを持つ人は汚れた針を使ってC型肝炎のリスクが高いため、生命保険会社によっては入れ墨された人が生命保険に加入できない場合があります。

また、反社会的勢力とは関係ない人でも、そう見做されてしまうリスクも否定できません。

 

日本で入れ墨をするのにどれくらいの費用がかかりますか?

サイズにもよりますが、日本での入れ墨の平均価格は以下の通りとのこと。

 

・500円硬貨の入れ墨:10,000円・500円より少し大きめのタトゥー:15,000円-20,000円


・たばこ箱サイズのタトゥー:約3万円・タトゥーはCDケースサイズ:5万円


・B5サイズのタトゥー:約6万円


・A4サイズのタトゥー:約8万円

 

これらの価格は日本の平均市場価格であるため、タトゥーショップによって異なる場合があります。

 

美容に効果的なタトゥー

日本ではタトゥーが歓迎されておりませんが、女性の中には、眉毛やアイライナーを刺青しているものがあります。

多くの日本人女性は外見に大きな注意を払い、スッピンを好きではないので、刺青とアイライナーはとても便利です。


メイクをしていないと少し恥じている日本人女性にとって、タトゥーは彼らの美しさの一環として彼らを助けます。

このタイプの美容タトゥーは約1ヶ月後に徐々に身に着けられ、永続的なタトゥーではないので、タトゥーを新鮮に保つために美容サロンに定期的に行く必要があります。

 

まとめ

あなたの中には、日本の入れ墨に対する態度が過度に感じられる人もいるかもしれませんが、日本人のなかには入れ墨の否定的なイメージがあります。


温泉愛好家なら、すでにタトゥーを持っているかどうか注意してください。


あなたの母国が入れ墨について厳密ではない場合、あなたの多くは、彼らの態度がちょっと変わったと感じるかもしれません。

あるいは、あなたは何を言いたいのか分からないかもしれません。

しかし、これは日本のユニークな視点の1つであり、常に他の国の意見や考え方を学ぶことは良いことです。

 

多くの経験は新しいアイデアにつながります。

あなたはそんなことを考えませんか?

 

 


関連記事