伝統文化|夏の風物詩・盆踊りの由来が面白い。日本人女性のように浴衣で参加しよう!

2018-10-01 13:53:08

日本の夏は、どこからともなく和太鼓の音が聞こえてきます。

その音が聞こえる場所では、音楽と和太鼓の音が響き、人々がやぐらの周りで円を作って踊っています。

この踊りは「盆踊り」と呼ばれる、日本の伝統の踊りです。

どうして日本人は盆踊りを踊るのか。あなたは、その目的や由来を不思議に思うかもしれません。

この記事では、盆踊りについて紹介していきます。

 

盆踊りの目的

日本人は先祖を大切にする民族です。

毎年8月13日から16日にかけて、多くの日本人は祖先の霊が現世に帰ってくると信じています。お盆の始まりの日に、迎え火をして先祖を歓迎する地域もあります。

盆踊りは先祖の霊を供養するための踊りで、8月15日の夜明けから夕方まで連続して踊ります。

盆踊りの起源

盆踊りの起源は、平安時代の僧侶である空也だと言われています。空也は、多くの人々に念仏を覚えてもらうために、瓢箪を叩くリズムに合わせて念仏を唱えるようになりました。また、念仏を唱えるときには踊りを踊るようになりました。

その独特のスタイルは人々に広く受け入れられ、現在の盆踊りになったとされています。

 

 

盆踊りは出会いの場だった

江戸時代には、盆踊りは男女の出会いの場としても利用されていました。現代の合コンパーティーの先駆けのようなものだったとされています。

しかし、明治時代になると、風紀を乱すとして取り締まりの対象になりました。それからしばらくは盆踊りが規制されていましたが、大正時代にはまた盆踊りが盛んに行われるようになりました。

盆踊りが行われる場所

毎年夏になると、さまざまな場所で盆踊りが行われます。

 

・仏教寺院の敷地

・公園

・学校のグラウンド

・商業ビルの屋上 など

 

これらは、通常、地域の町内会が主催しています。

 

盆踊りの楽しみ方

盆踊りを踊るのはとても簡単です。

盆踊りを踊るためのいくつかのポイントをご紹介します。

・雰囲気を楽しみましょう

和太鼓の小気味いい音色や盆踊りを踊る人々の雰囲気を肌で感じ、日本の夏を楽しんでみましょう。

 

・日本の伝統を感じましょう

盆踊りは、平安時代から続く、日本の伝統文化のひとつです。1,000年以上続く風習を実際に体験できるのは素晴らしいことです。

・リズムを感じ、実際に踊ってみましょう盆踊りは同じステップを何度も何度も繰り返して踊ります。細かいことは気にせずに、周りの人と同じように踊ってみましょう。

 

・浴衣を着てみましょう

多くの人が盆踊りに浴衣を着ます。浴衣は、日本の伝統的な夏の衣装です。ファッションからも日本の夏を感じてみましょう。

 

・音楽を楽しみましょう

盆踊りにはたくさんの音楽があります。歌詞は理解できなくても、メロディーとリズムだけでも十分楽しむことができます。

 

まとめ

日本人にとっての盆踊りについて理解できましたでしょうか?

お盆の期間に日本に訪れるなら、地域の盆踊りにも参加してみましょう。

一緒に踊ってみませんか?

関連記事