日本の常識|日本の自転車文化について知っておくべきルール

2018-10-01 14:10:11

日本の自転車文化|自転車は日本の人々にとって重要な交通手段です。

日本では、自転車が交通手段のひとつとして広く普及しています。ほとんどの人が自転車を1~2台所有しており、老若男女問わず、自転車に乗って移動します。あなたが歩道を歩いていると、その真横を自転車が駆け抜けていくことがあるかもしれません。

それは日本では普通のことです。

日常生活の一部

日本人の考え方のひとつに「もったいない」があります。「もったいない」はあらゆる物を無駄にせず、最後まで使用したりリサイクルしたりすることで、最大限に活用するという考え方です。現在、この考え方は全世界で称賛されています。

自転車移動をすると、日常的に運動をすることができ、健康維持につながります。また、燃料を使用しないので、二酸化炭素の排出を抑制することもできて環境にもやさしいです。

日本人は、電車に乗る代わりに車か自転車を使えば、時間やお金の節約ができると考えています。例えば、スーパーマーケットがあなたの家から交差点2つ分離れたところにある場合は、自転車を使うのが理想的です。

日本はほかの国よりも電車代が高いので、交通費を節約したいのであれば、自転車を活用しましょう。

日本ではあらゆる場所に自転車駐輪場があります

日本は国土が狭いながらも、そのスペースを最大限利用しています。

自転車が人々のライフスタイルにこれだけ定着している国はほかにあったでしょうか。

さらに、日本には多くの種類の自転車があります。

例えば、幼児や小さな子供がいる母親のために作られた自転車があります。この自転車は、雨や雪の日に子供たちを守るために、特殊なプラスチックのカバーが付いています。

ほかには、質のよい中古車を簡単に買うことができるのも、素晴らしい点だと言えるでしょう。

まとめ

自転車に乗る際には、注意すべきことがいくつかあります。

まず、駐輪場がどこにあるかを確認しましょう。初めての場所に訪れたときには、地域の人に駐輪場の場所を教えてもらいましょう。

また、日本は安全な国だと言われていますが、自転車のロックは忘れずにかけることをおすすめします。

 

安全に自転車を活用しましょう。

 

関連記事