日本の文化|外国人から高評価されている日本の代表的な8つの文化遺産をご紹介

2018-10-04 16:04:44

日本には8つの素晴らしい文化があることを知っていますか?

日本は、北海道、本州、四国、九州の4つの島と、南にある琉球諸島で構成されている国です。これらの島々が東西に3,000㎞以上も長く連なっています。 

最近では、東京の渋谷が、外国人観光客に人気の旅行先になっています。しかし、日本には渋谷のような繁華街以外にも見どころがたくさんあります。

 

神道と仏教

日本では、一般的に、神道と仏教の2つの宗教が信仰されています。

ある調査によると、日本人の80%が神道を、70%が仏教を信仰しているという結果がでました。合計で150%を占めているというのは、一体どういうことでしょうか?

その答えは大変シンプルで、神道と仏教の両方を信仰している人が多くいるということです。日本の家庭では、仏壇(仏教)と神棚(神道)のどちらもあることは珍しくありません。

 

歌舞伎

歌舞伎を演じるのは全て男性の俳優です。その中で、女性役に特化した男性俳優のことを「女形」といいます。

国際連合教育科学文化機関(UNESCO)は、歌舞伎を無形文化遺産に指定しました。ユネスコのウェブサイトには、「歌舞伎の芝居は、歴史上の出来事や恋愛関係における道徳的葛藤を題材にしています。」と書かれています。

独自のメイクや衣装、単調なせりふ回しと伝統的な和楽器による演奏は、歌舞伎の大きな特徴です。

茶道

茶道では、「一期一会の出会いに感謝し、誠心誠意をもってお客様をもてなす」という考え方を大切にします。

この茶道の精神は、日本中に広がっています。茶道に使う道具やお茶の淹れ方には細かなルールがあります。

例えば、お茶を淹れる際に使用するお湯は、鉄製の茶湯釜で沸かすと決まっています。鉄製の茶湯釜は煮え音がよいとされ、その柔らかな高い音は「松風の音」と喩えられます。

茶道では、お客様をもてなすために、お茶を淹れる際の音にも気を配ります。

 

武道

日本には、柔道、剣道、弓道、空手など、伝統的な武道が多く存在します。

そしてそれらは、現在でもスポーツとして、日本だけでなく世界中で親しまれています。

2020年夏の東京オリンピックでは、競技種目として空手が新たに採用されています。

カラオケ

アジアでは、カラオケといえばフィリピン人のイメージがあるかもしれません。しかし、カラオケは元々、「空っぽ」を意味する「カラ」「オーケストラ」を意味する「オケ」を組み合わせた日本語です。

カラオケでは、まず歌いたい曲を選択し、曲の伴奏に合わせて歌います。また最近では、歌の録音などもできるようになりました。

カラオケという言葉は世界中で使われており、ウェブスター辞典にも掲載されています。

 

活け花

日本式のフラワーアレンジメントを「活け花」と呼びます。

他の国で行われているフラワーアレンジメントと日本の活け花の一番の違いは、花の配置に決められたルールがあることです。

活け花は、ただ単に花瓶に花を入れるだけではありません。花を入れる場所や花の向きなど、細かな点を意識しながら花を活けていきます。

活け花は、調和によって生まれた自然の美しさを大切にし、花や木を用いて、日本の自然の景観を表現しています。

 

和食

伝統的な日本食のことを「和食」といいます。和食は、健康的で美味しい料理として、世界中で高い評価を得ています。

和食では、5つの味(甘味、塩味、酸味、苦味、旨味)を取り入れています。また、和食は味がよいだけでなく、見た目も美しいです。季節に合わせた食器を使い、盛り付け方にも工夫を凝らします。そのため、和食は日本の自然を尊ぶ食文化として評価され、ユネスコの無形文化遺産に登録されています。

しかし一方で、日本は全く新しい食文化も生み出しています。そのひとつが、今や世界中に広く普及しているインスタントラーメンです。

 

自動車

ヤマハ、トヨタ、いすゞ、ホンダ、川崎、ダイハツ、スバル、マツダ、スズキ。これらの共通点は何でしょうか?

これらはすべて世界中に流通している日本の車メーカーです。

1960年頃、日本での自動車生産台数は50万台しかありませんでした。しかし、その後の10年間で生産台数は10倍に増え、1970年には500万台を生産するようになりました。生産台数のピークを迎えた1990年には1,350万台、2017年現在は約900万台の自動車を生産しています。

 

まとめ

日本は数千年に及ぶ歴史の中で生まれた、豊かな文化と伝統を持っています。

この記事で挙げたもの以外にも、徳川幕府時代の大衆文化や、現代のマンガ、アニメ、コスプレ文化など、独特の文化が数多くあります。 

日本の歴史、文化、遺産についてもっと知りたい方は、ぜひ私たちのサイトをご覧ください。

 


関連記事